専業主婦がカードローン会社で借りられる金額とは?

専業主婦の場合、借り入れしたお金の返済には夫の収入を頼りにすることになります。
自分では収入がないため当然なのですが、どうしても借入限度額は限られてしまいます。

申込者本人の条件により差はあるものの、一般的には5万円~30万円といったところが専業主婦の限度額の相場となっています

総量規制により消費者金融が利用できない専業主婦でも、総量規制対象外の銀行カードローンなら申し込みが可能です。
ただし配偶者に定期収入があることが条件となります。
銀行は消費者金融にくらべて低い金利で借りられるので、専業主婦でも返済しやすいというメリットがあります。

専業主婦向けの銀行カードローンでは、配偶者の同意書や収入証明書は一切不要です。

簡単な入力だけで手続きできるインターネット申込なら自分の都合に合わせてこっそり申込みができますし、しかも審査がスピーディで最短即日融資も可能です。
指定口座への振込融資を依頼すれば、どこにも出向くことなくお金を受け取ることができます。

またテレビ窓口での申込みもスピード審査が特徴で、その場で契約→カード発行→ATMでのキャッシングができるので便利です。

初回契約後にコンスタントな借入と返済を繰り返していれば、専業主婦でも増枠のチャンスがあります。
ただしそれなりの利用実績を作って信用を高めないことには、増枠審査に通過する可能性は低くなります。
増枠申請に関するポイントをいくつか挙げてみます。

  • 初回契約から半年~1年経過後に申請する
  • 確実に利用実績と返済実績を積み重ねる
  • 延滞しないよう注意する
  • 利用中に住所などの基本情報に変更があった場合は、随時連絡しておく
  • 手続きはインターネットまたは電話で行う
  • 利用状況に応じて増額の案内が来ることがある

最初にお話ししたとおり、専業主婦は夫の収入から借金を返済していかなければなりません。
限度額いっぱいまで借りてしまい返済に苦労することのないよう、借入れは必要最低限にとどめましょう。
さらにこちら(⇒主婦でも内緒で借りられるカードローン一覧で書かれています。