カードローンの金利の特徴と計算方法について

銀行のカードローンは金利が低いので利息分が少なくて済むけれども、審査が厳しいので通るかどうか心配と言う人も多いものです。

カードローンの審査と言うのは、申し込み者の返済能力を重視するのと同時に、信用情報を利用してお金を貸しても大丈夫な人なのかと言った事を重視するため、他社から借入が在る場合でも、返済能力が在ると判断されればカードローンの利用が出来るようになりますし、借り入れたお金を毎月きちんと支払っている事で審査に通る可能性が高くなります。

所で、カードローンは極度額が500万円や800万円、中には1,000万円と言った高額融資を可能にしている銀行が多く在りますが、お金を借りる時には返済計画をしっかりと立てる事が大切です。

返済計画を立てる時に便利なのが返済シミュレーションで、銀行などのホームページにはローンサービスの一つとして返済シミュレーションのウェブページが用意されているため、返済計画を立てる際に利用するのがお勧めです。

尚、利息と言うのは金利により異なるのが特徴で、カードローンの場合はリボルビング払いと呼ばれている定額返済になり、利息の計算方法というのは、「借入残高の合計×金利×借入期間」で求める事が出来るようになっています。

借入残高の合計と言うのは、毎月金額が変化していくため、残債方式とも呼ばれているもので、返済をすることで元金が減ると言った特徴を持ちます。

因みに、元金が減少しないと仮定を行って計算する方法をアドオン方式と呼んでいます。

Post navigation